規格外野菜をブランド化するプロジェクト「ロッキンベジタブル」が始動

まちおこしニュース

当サイトの殿木達郎が代表を務める株式会社ノースエレメンツは、音楽と農業のインタークロス(異種交配)事業として、野菜にロックを聴かせた「ロッキンベジタブル®︎」を生産し新たな市場を活性化させる事業を開始します。

ロッキンベジタブル®︎は、従来の市場流通させるための規格選別を行わず、規格外の野菜(不格好、半端、扱いづらいと言うネガティブイメージ)を、多様で個性のあるユニークな「ロックな野菜 !」と定義して、 多くの人達に親しみを持ってもらい楽しんでもらうことで新たな価値を生み出し、食育や食品の廃棄ロス問題の解決、常備食や震災食としての活用など幅広く社会課題の解決を行い、SDGsの目標達成促進にも貢献します。

事業起案、総合プロデューサーの殿木達郎は、2000年に音楽とITの企業を創業した後に、2012年より北海道で同社を創業。「コロナ禍で閉塞感漂う社会に、ワクワクする面白い事業を通じて展開し、野菜を通じて笑顔で元気な世の中を作りたい!」その源なる生産農家さんを応援することがこのプロジェクトのコンセプト。また、食のプロデュースには、タレントで食作家の園山真希絵氏を迎え、食の命を頂くことに感謝しながら、事業を通じて “温故知新の究極食”を大前提とした、 これからの AI( 愛)に満ちたライフスタイルの当たり前を創造します。

事業は、2022年春の作付け時期に本格稼働し、「ロッキンベジタブル®︎」ブランドの野菜と缶詰などの加工食品の販売を予定し、北海道を皮切りに全国の賛同農家と連携し、47都道府県の「ロッキンベジタブル®︎」を展開。既に今夏より、実験生産をおこなっているニセコのトマト農家、アムリタファームの「ロッキンベジタブル®︎トマト」を使ったレシピを今秋オープンする園山真希絵プロデュースの飲食店で採用が決定。今後、音楽は「ロッキンベジタブル®︎サポーター」(アーティストから音楽ファンまで幅広く募り)による選曲をしたプレイリストの楽曲を野菜に聴かせ、出荷時に消費者は選曲者と何を聞いて育ったかがわかるQRコード付きの「ロッキンベジタブル®︎」ステッカーで音楽を楽しむことができアーティストや楽曲のプロモーションを通じて音楽業界へも貢献します。

規格外野菜の流通にお悩みの農家の皆さん、ぜひ「ロッキンベジタブル®︎」事業に参加してみませんか?詳しくはお問い合わせください

※ロッキンベジタブル®︎は登録商標または商標です。

音楽と農業のインタークロス(異種交配)事業を開始します